とってもおもしろいぶろぐ。

とってもおもしろくなる予定です。

音楽と羞恥心の傾聴

Beatsのイヤホンを使っていたら、サブカルくさいとバカにされ、だったらいっそとマーシャルのBluetoothイヤホンを使い始めた。

フルワイヤレスではなく、左右のイヤホンが線で繋がっているタイプだ。これがなかなか優れもので、磁石でくっつく仕組みなので首から下げていてもスルッと落ちることがないのだ。

と、油断していた矢先、先日街のどこかに私のマーシャルは旅立って行った。可愛い子には旅をさせよとはよく言うが、出来れば避けたい旅立ちであった。

次のイヤホンが届くまで、やむなく以前使っていたコンビニの有線イヤホンに手を伸ばす。はじめは室内で使っていたので分からなかったが、外に出て音楽を聴いていると違和感を覚えた。

別段いつもと違うことはしておらず、歩き方が変わったわけでも、利き足が変わったわけでもない。しばしの勘案ののち、違和感の正体はイヤホンのコードだと分かった。耳からポケットにかけて紐が伸びている状態がどうにも居心地が悪い。さも「私の心は音楽で街の喧噪から離れたところにいますよ」みたいな顔で歩いている。自分の恥ずかしい姿が世の中に晒されている。ICカード慣れが引き起こす、切符購入の今更感に近い。禁断の果実を口にしたアダムとイブは裸を恥ずべきものと考えるようになったそうだが、そのビフォーアフターをイヤホンで追体験することになるとは夢にも思わなかった。

そういえば、オリンピックに備えて街中の電線も姿を消したらしい。街の景観を整えるためだそうだ。246沿いなんかを歩いていると特に実感する。

どうやら今の時代、有線は余分らしい。マッチングアプリが巷に溢れ出し、遅かれ早かれ運命の赤い糸もワイヤレス化してしまうのだろう。だが、せめて人との繋がりくらいはアナクロだろうが大事にしたい、こんなご時世だし。なんてことは特に思わず、とりあえず文明の利器に感謝しつつ、今日も耳から線を伸ばす人を微笑ましく眺めて歩く。

3への油断に気をつけろ

f:id:tsabolibi:20191118192113j:plain

ルイージマンション3の広告の、三度目の掃除機、という文言に、なるほどうまいこと言いおる、などと感心している時、ふと思うことがあった。


日本には3に考えの拠り所を求める言葉がチラホラある。こと恋愛関係では、3回目のデートで告白だとか、給料3ヶ月分の婚約指輪をとか、女は喜ぶが男は泣きを見る設定にされている。


例えば、ある人とばったり会ったとする。2回目は偶然でも3回目となると運命を感じ始めたりする。そのあとはもう、4回会おうが5回会おうが必然なのである。


それが諺でも、仏の顔を拝めるのは三度までだし、二度あることも三度あると決まっている。また、三途の川や、丑三つ時など、何かの境目には3が用いられることが多い。漢数字を見ても、三までが横棒で四からは形が異なる。


その一方で、お隣の2はどうだろう。


2階から目薬だとか、天は二物を与えずだとか、二兎を追うものは一兎をも得ず、だとか、2はどちらかというと好ましくない状況や結果に抜擢されている。


武士に二言は無い、という言葉も一見すると固い決意を表す誠実な表現に思われるが、心変わりしたら1発アウトということだ。周囲からのプレッシャーが半端では無い。二度あることは三度ある、と3に対しての許容範囲は広いというのに。果ては、三度目の正直、という希望に満ちた眼で見られることまであると言うのに。


そういえば、カレンダーを見ても2月だけは1ヶ月に与えられている日数の取り分が少ない。2はこの不遇な扱いについて、一体どう感じているのだろう。時に、二の足を踏まれたり。ちょっと痛そうである。 


こうした現状を鑑みると、私は2への同情を禁じ得ない。23の間には価値の隔絶があるからだ。


一体何が3をこんなに格付けているのだろう。再三考えてみたが何も思い当たらない。


数年前、世界のナベアツというお笑い芸人がいたが、彼は3がつく数字でバカになる、というシュールギャグを披露していた。


これは私たちが3という数字を無思考に信頼してしまっている危機的現状への警鐘を鳴らす、いわば社会通念へのアンチテーゼとしての高度なギャグだったのではないか。


彼は、異様なまでに3を持ち上げるこの社会で、たった一人、3をバカにし、声を上げ続けた。そんな反社会的姿勢のためか、ここ数年で彼の姿をとんと見なくなった。恐ろしいことである。


生まれてこのかた、3に囲まれて育った私たちの性格は向こう100年は変わりそうにない。私たちの3信仰はまだしばらく続きそうだ。

ビニール傘と向き合い大人を実感する


f:id:tsabolibi:20191028101117j:plain


天気予報を全くと言っていいほど見ないので、急な雨に降られることが多々ある。

惰性でカバンに折り畳み傘を入れ続けているせいで大概の場合なんとかなるが、止むを得ずビニール傘を買うこともある。


ところで、そんなビニール傘と私の関係は、歳を経るごとに、一周回って全く異なるものとなった。雨の日は一周どころか何周もクルクルと回っている。


かつては、道に捨てられてたゴミの代表選手。だが歳を重ねたいま、不思議とビニール傘を使うことに一つのステータスを感じている。さながら、おしゃれ上級者が抜け感を演出する、敢えてのビ二ール傘、といったような。

そのチープさには愛着まで感じており、どこの馬の骨とも知らない傘置き場にはおいそれと置けもしない。長く使うと、どことなく自分の手にピッタリと合ってくるような気さえする。


似たようなことを、柿ピーを食べていたときにもふと感じた。それは、柿ピーのピーナッツまで美味しく食べられるようになったこと。子供の頃は、柿の種だけで充分、と何度思ったことか。だが、ある日を境に、ピーナッツの存在をありがたく思う自分がいた。ピーナッツあってこその柿の種、柿の種あってこそのピーナッツ。


恥ずかしげもなく、柿の種だけあればいいのに!なんて不満を漏らしていた幼い私。もし過去に戻ることがあったら、余すことなくその口にピーナッツを詰め込んでやろうと思う。


子供は、一方的な構図に何ら疑問を持たないし、むしろ恥ずかしげもなくそれを好む。ヒーローはカッコいい!と憧れ、ビニール傘はダサい!と叫び、ピーナッツは不要だ!と決めつける。


人が大人になるタイミングは、身体の成長というよりも精神の成熟に負うところが多い。ビニ傘も柿ピーもそうだが、そのバランスを美と捉えられるようになることこそ、成熟の標べと言えそうだ。

スローなブスにしてくれ

f:id:tsabolibi:20190906190530j:plain


美人が満員電車から降りてくる姿を想像できない。狭い空間に顔を歪ませ必死になる姿を想像できない。


目の前を颯爽と歩く、後ろ姿から美人な雰囲気を醸し出す人。かつては、無理やりに追い抜いて、チラとそのご尊顔を拝そうと試みていた青二才な自分がいた。だが、後悔先に立たず。多くの場合は、文字通り、僕の後ろに後悔が歩いていた。


後ろ姿美人とはそれだけで一つの美人のジャンルである。後ろ姿美人の最大の魅力は、その顔が見えないことだ。想像を掻き立てる後ろ姿がただそこにあるだけで良い。振り返ってしまうと興ざめである。勝手に期待値を上げていて失礼な話なのだが。


全貌が見えない状態は人の心を動かす。昔から、美人は3日で飽きるというが、その実態がわからない美人に飽きは来るのだろうか。答えは否。日々千変万化し、あるいはこんな顔で、あるいはこんなふうに笑うというように、後ろ姿美人には無限の想像可能性が広がっている。


菱川師宣見返り美人図はそんなに美人なのか問題は誰もが抱くと思うが、あれは巧妙にそんな人の心理を突いている。それは、能の面のようでもある。能の神秘性は、面を用いることで、イメージの塗り替えが可能な顔の状態を保っているところにある。人は自分が見たいようにモノを見る。自らの眼差しを経由してモノを形作っている。


見えない美。それはたしかに存在する。ならばせめて、その刹那的幸福が少しでも長く続くように、ゆっくりと振り向いておくれ。